牛立天王祭
【名古屋市】
開催日 : 毎年7月第4日曜日
  • 牛立天王祭
牛頭天王祭に曳きだされている祭車、牛頭天王車は、もとは八王子神社(名古屋市北区清水二丁目)の祭車であった。
現在、名古屋市北区に鎮座している八王子神社は、かつては若宮八幡や三之丸天王社とともに祀られていた社であったが、名古屋城築城に際して城の敷地内にあったため遷座したものである。
八王子神社の祭礼が始まったのは、享保19年(1735)のことであり、祭り好きの藩主7代徳川宗春の時勢であった。
現在牛立天王祭で曳かれている牛頭天王車は、八王子神社での所属のあり方や名称などに関して、史料上不明な点が多い。旧牛立村が慶応元年(1865)に購入し、現在の牛立天王祭の山車となった。

フォトギャラリー

Photo

  • 牛立天王祭
  • 牛立天王祭

おまつりの概要

Overview

開催日 毎年7月第4日曜日
開催場所 牛頭天王社(名古屋市中川区牛立町2丁目地内)
山車の数 1

アクセス・地図

Access / Map

電車でのアクセス 牛立八幡社 地下鉄名港線日比野駅徒歩16分
Google Mapで開く