あいちの山車まつり
検索

前の月へ

次の月へ

2019年4月

イベント名 開催日・期間・開催場所

上旬

常滑市

矢田区祭礼
【区民の安全・豊作地域の活性化と区民の心の触れ合い】 ・御弊車、矢田車の2台の山車の曳き廻し、夜は山車に提灯を点灯し、神社に奉納する。 ・神社にて催しものの開催(巫女の舞、民踊、万歳、囃子太鼓)・縁日 ・屋台等すべてを区民にて実施
2018年4月第2土曜日・日曜日
矢田八幡神社(常滑市矢田字谷海道53)

美浜町

布土祭
平田、大池、上村の三地区からそれぞれ山車が出て、各地区を曳き廻した後、神明神社に三台の山車が集められる。そこでからくり人形の芝居と三番叟が奉納された後、津島神社前の広場まで山車を進める。
毎年4月第1日曜日
神明神社等(知多郡美浜町大字布土字平井39等)

美浜町

河和祭
北組車と中組車の2台を地区内曳き廻しを行い、その後天神社に奉納する。
毎年4月第1日曜日
天神社(知多郡美浜町大字河和字北屋敷83)

美浜町

上野間祭
上野間区内の越智と四嶋から2台の山車で地区内を曳き廻しの上、野間神社境内に奉納する。さらに、神楽囃子・からくり人形芝居を奉納した後山車蔵へ納車する。
毎年3月末か4月第1日曜日
野間神社(知多郡美浜町大字上野間字高川16)

美浜町

大己貴神社・八幡社大祭
南車、龍神車の2台がそれぞれの地区内で曳き廻しを行い、祭礼二日目に山王橋で合流後、大己貴神社に奉納する。龍神車は、祭礼一日目には八幡社にも奉納する。
毎年3月最終土曜日・日曜日か4月第1土曜日・日曜日
大己貴神社等(知多郡美浜町大字奥田等)

美浜町

神武祭
祭礼一日目、柿並区を曳き廻し、神明神社に奉納する。祭礼二日目、若松区、一色区、細目区を曳き廻し、冨具神社に奉納する。
毎年4月第1土曜日・日曜日
神明神社等(知多郡美浜町大字野間)

美浜町

北方区祭礼
地区内を曳き廻し、十二神社に奉納する。
毎年4月第1土曜日
十二神社(知多郡美浜町大字北方字東側43)

中旬

常滑市

矢田区祭礼
【区民の安全・豊作地域の活性化と区民の心の触れ合い】 ・御弊車、矢田車の2台の山車の曳き廻し、夜は山車に提灯を点灯し、神社に奉納する。 ・神社にて催しものの開催(巫女の舞、民踊、万歳、囃子太鼓)・縁日 ・屋台等すべてを区民にて実施
2018年4月第2土曜日・日曜日
矢田八幡神社(常滑市矢田字谷海道53)

豊川市

八百富神社式年総参り
現在巳年と亥年の八百富神社式年大祭に合わせて行われているこの総参りは、昔、竹島の弁天様とその使いである白蛇(宇賀神)が津波で竹島から流され国府村に漂着し、そのままこの地で祀られていたところ、元禄の頃に国府村と竹島の庄屋が時を同じくして弁天様と白蛇が元の竹島に戻りたが...
巳・亥年の4月中下旬(6年に1回、昭和の日が多い)
大社神社(豊川市国府町流霞5)及び蒲郡市竹島

下旬

常滑市

小倉区祭礼
毎年4月23日に近い土曜日・日曜日
小倉天神社(常滑市小倉町1-25)

豊川市

八百富神社式年総参り
現在巳年と亥年の八百富神社式年大祭に合わせて行われているこの総参りは、昔、竹島の弁天様とその使いである白蛇(宇賀神)が津波で竹島から流され国府村に漂着し、そのままこの地で祀られていたところ、元禄の頃に国府村と竹島の庄屋が時を同じくして弁天様と白蛇が元の竹島に戻りたが...
巳・亥年の4月中下旬(6年に1回、昭和の日が多い)
大社神社(豊川市国府町流霞5)及び蒲郡市竹島

新城市

大野神社祭礼
町内を山車行列として練り歩きます。
毎年4月第3土曜日・日曜日
大野神社(新城市大野字奥林内)

東栄町

須佐之男神社祭礼
須佐之男神社で毎年4月下旬にJR飯田線東栄駅付近で行われて山車が曳かれる。
毎年4月下旬
須佐之男神社(北設楽郡東栄町大字三輪字沢上)